BLOG

あなたの
ひとときに
  笑顔を。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. イベント
  4. 沖縄のイベント「波フェス2019」おすすめのキッチンカーを紹介。

沖縄のイベント「波フェス2019」おすすめのキッチンカーを紹介。

はじめに

みなさん!こんにちは。コウダイです。今回は沖縄のイベントを多くの人に知ってもらうべく、様々なイベントを紹介するシリーズの「第4弾」となります。

前回のイベント「沖縄旅フェスタ2019 in 沖縄コンベンションセンター」についても紹介していますのでぜひ読んでみてください♪

沖縄の旅イベント「旅フェスタ2019」に行ってきたよ!おすすめのキッチンカーを紹介。

11月23日(土)・24日(日)の2日間に波の上うみそら公園で開催された「波の上フェスティバル2019」に参加してきました!

「波の上フェスティバル2019」は、沖縄でも有数の夕陽絶景スポット「波の上うみそら公園」を会場に、沖縄のストリートカルチャーを五感で体感できる野外フェス。このイベントを通し、多くのアスリーターたちが競い合ったり、認め合います。

2018年の12月に開催されて以降、今回で2回目となるイベントには県内から勢いが止まらないヒップホップ、レゲエ、ポップス、ロック、民謡、などなどさまざまなフィールドで活躍するバンド、ラッパー、DJが登場県外からも初来沖のアーティストフェスでお馴染みの豪華ゲストが出演決定しています

いつもの無料イベントとはちょっと違った雰囲気で、県内の若者を中心とした多くの人が賑わいを見せていました。

無料エリアには20を越える飲食店が競い合う“波メシグランプリ”が開催されています。流行りの「キッチンカー」の出店もありました。お気に入りのアーティストの後には、ビール片手にみなさん楽しんでいました。

 

そこで、今日は「イベントの感想と魅力、おすすめのキッチンカー」について紹介していきたいと思います。今回のイベントのキッチンカー出店は1台のみでしたが、とても魅力的です。

私自身「波の上フェスティバル2019」は今回が初めての参加となりました。「今回行くことができなかった人」「次は行こう!」と思っている人のために内容について紹介していきますので、みなさんも次回開催時に参加してみてください。

また、気になるキッチンカー があった場合にはぜひ他のイベントにも足を運んでみてください!

最後まで読んでいただけたら嬉しいです♪

「波フェス2019」イベントの概要

開催年によって、イベントの開催場所や時間は違うので行く前に確認することをおすすめします。また、当日のイベント会場周辺は大変混雑が予想さます。車で行かれる方は、事前に駐車場の確保をしておきましょう!

波の上フェスティバル2019公式ホームページはこちらから

日 時 11月23日(土)11:00~21:00

11月24日(日)11:00~21:00

場 所 波の上うみそら公園
入場料 一般前売りチケット/前日24時まで
1日チケット 6,000円 / 通しチケット 10,000円学生前売(中高生)チケット/前日24時まで
1日チケット 4,000円 / 通しチケット 7,000円オフィシャル店舗割チケット
1日チケット 5,000円 / 通しチケット 10,000円(飲食部門などの無料ブース設置あり)
公式サイト https://namifes.com/#main
備 考 今回のイベント「波の上フェスティバル2019」「沖縄のストリートカルチャーを五感で感じよう」をコンセプトに、沖縄では珍しいBMXライダーやダンサー、ラッパーが日本各地から集結します。

イベントには飲食部門として「波めしグランプリ2019」も開催されました。県内の有名なレストランをはじめとするキッチンカーなどの計12店舗がブースにて食品を販売しています。さらに、アパレルなどの人気店舗が並んでいる「Market Caravan」もある。

田我流、犬式(INUSHIKI) 、cro-magnon、KOJOEらに加え、第3弾として新たにBLACK SMOKERS、BLARHMY、Yelladigos、temporaly、ERiFeNeSiS&YU-YA、DJ KIYO、山嵐、SpinnaB-ILL、PJ、アオバトラス(笑)、KURANAKA a.k.a. 1945、OG Militant Bが追加された。

沖縄で唯一のカルチャーイベント「波の上フェスティバル2019」の魅力

11/23(土) 〜 11/24(日)に開催されたイベント「波の上フェスティバル2019」は、ヒップホップやレゲエ、ポップスや民謡はもちろん、ダンスやBMXなど県内外アーティスト約100組の「アスリート達」が各地からやってきて、沖縄の波の上公園でパフォーマンスを繰り広げます。

イベント当日はというと、県内の若者はもちろん、様々な世代の方が参加していました。ブースも「有料エリア」「無料エリア」に分かれていて、熱狂ファンから全く知らない人まで幅広く支持されていました。

イベントに参加してみて感じたことは、沖縄とストリートカルチャーのつながりです。イベントには沖縄県出身の方も参加していて、沖縄にもストリートカルチャーはあるんだということを再確認させられました。

公式ホームページには「前売りチケット」も販売しています。お得な情報なども記載されているので、ぜひみてみてください!来年は皆さんも訪れて見てはいかがでしょうか?

 

沖縄のイベント「波の上フェスティバル」おすすめのキッチンカーについて

沖縄のストリートカルチャーイベント波の上フェスティバル2019」を盛り上げるために、1台のキッチンカーが参加していました。他にもおすすめしたい屋台や簡易出店もたくさんありました。

どのお店も食べ物に対する気持ちが強く、美味しいものばかりでした。何よりも皆さんテンションが高かったです。

今回紹介する3店はイベントだけではなく、実際に店舗としても営業しているお店もあるのでみなさんも沖縄に来た際にはぜひ訪れてみてください!

 

① matto food truck

「沖縄で一番美味しいグリルドチーズサンドウィッチを食べることができるのがこの「matto food truck」。普段はイベント出店を始め、駐車場やサバゲー会場にも出店しているとのことです。

今年の4月にオープンしたばかりでおしゃれなお店の外装や看板はすべて手作りだそうです。
出会えたら奇跡!ぜひ食べてみてください。

サンドウィッチの味はもちろん、店主のおじさんも気さくでとても優しい方でした。

Adress: ANYWHERE
Open: ANITIME
Menu: グリルドチーズサンドウィッチ
Web: https://www.instagram.com/matto_f.t/?hl=ja 

② ノラクロ / Noracro

フライドポテトでの出店だったので、「食べてみよう」と思ったら、ジャガイモを目の前でカットしてくれる演出がありました。カットしてくれるというか自分でカットしました。こんな面白い演出を沖縄のイベントでやってるのは多分ここだけだと思います。

普段は沖縄県内の南部にある「那覇市」でBarとして営業しているようです。訪れたことのある友人曰く、秘密基地のような店内の仕様になっていてとても魅力的だそうです。

Adress: 〒900-0014 沖縄県那覇市松尾1丁目2−18
Open: 18:00~5:00 
Menu: ご飯類やパスタ etc…
Tel: 098-943-2441

おわりに

最後まで読んでくださった方々、ありがとうございました。今回は【沖縄唯一のストリートカルチャーイベント「波フェス2019」】について紹介しました。どうでしたか?

沖縄県内ではとても珍しい「ストリートカルチャーのイベント」でしたが、想像よりもたくさんの人が会場に足を運んでいました。イベントだけをみても色々なブースがあって飽きさを感じさせないようなイベントだったと思います。

私自身、応援しているラッパーも出演していたのでとても楽しむことができました。

来年以降もビッグゲストの演出が予想されるので皆さん楽しみにしていてください。今後もいろいろなイベントに参加していく予定なのでチェックを忘れずに♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事